復縁の道のりで目的を見失わない方法

MENU

復縁の道のりで目的を見失わない方法

スポンサーリンク

元カレ・元カノとの楽しかった思い出が忘れられず、未練が断ちきれない人。
別れたことで急に相手の優しさや大切さに気付き、喪失感に飲み込まれてしまう人。
あなたの周りにもたくさんいるのではないでしょうか?
人は失ったときにはじめてその大きさに気付くものなのです。
そうした人達の多くは、元カレ・元カノの姿を追い続け、復縁を考えるようになります。

 

しかし、復縁は身勝手な一方的アプローチだけでは成立しません。
あくまでも「相手ありき」です。相手の心変わりを待つしかありません。
「すれ違いは時間が解決してくれる」なんていう言葉がありますが、それはお互いにまだ愛する気持ちが残っていればの話。
完全に見限った相手に対しては、いくら時間が経とうと復縁する気持ちにはなれないでしょう。

 

復縁は、よく言われているよりもずっと困難な道です。
別れ方によっては、元カレ・元カノとの連絡がいっさい取れなくなる場合もしばしば。
時間をかけたからといって必ずしも復縁が実るわけではなく、いつの間にか元カレ・元カノが新しい人と付き合い始めるかもしれないのです。

 

ここで大切なのは、「復縁」という選択肢ばかりにこだわるのではなく、広い視野を持って自分が今後どうすべきなのかを考えるということです。
その結果、元カレ・元カノへの未練や執着がなくなって新しい相手に出会えるかもしれません。
今の一時的な気持ちだけで元カレ・元カノを勝手に「自分の運命の人」「この人しか自分のことを分かってくれない」なんて決めつけるのは避けましょう。

 

私も、「復縁」という文字にとりつかれて次のステップに進めないでさまよっている友人を何人か見たことがありますが、たいていはうまく行きません。
「復縁」すること自体が彼らの目的になってしまっているからです。
復縁だけに目が行って、他の人との出会いを拒むのはたいへんな機会損失です。
新しい世界を知ってからでも復縁は遅くないことを理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク