「ストーカー予備軍」にならない為に身勝手な行動は絶対NG

MENU

「ストーカー予備軍」にならない為に身勝手な行動は絶対NG

スポンサーリンク

元カレ・元カノとの復縁を希望する時、「早く復縁したい」と思うあまり身勝手な行動をしてしまうことがありますが、これは絶対に避けるようにしましょう。
というのも、その出来事がきっかけでふたりの間に修復できないような大きな亀裂が走ってしまうことも多いからです。

 

東京に住む私の友人の例を挙げましょう。
彼は、復縁したいがために、北海道にいる元カノのところへ突然押しかけるという事件を起こしていました。
元カノはその行動にショックを受け、それ以降、彼とは一切連絡を取らなくなってしまったそうです。
彼は「自分が本気だということを伝えたかった」と話していましたが、それこそ自己中心的!
元カノからしてみれば、約束もなく遠くから会いに来る元カレなんて、恐怖以外の何物でもありません。
相手のことなどまるで考えていない証拠です。

 

そういった行動をとる人に共通しているのは、「相手のプライベートに自分がいなくなるのが嫌だ」という気持ちです。
もう別れているのにも関わらず、元カレ・元カノのSNSで近況をこまめに調べてしまったり、異性と遊んでいることに嫉妬してみたり。
気持ちは分かりますが、昔は愛し合っていたとしても、今のふたりは赤の他人。
相手のプライベートに必要以上に立ち入るのは止めるべきです。

 

とりわけ、別れた直後であればあるほど、付き合っている当時の感覚が抜けずに、相手のプライベートに侵入しがちです。
誰でも自分のプライベートに土足で踏み込まれるのは嫌なもの。
ある程度の距離は保ち、「ストーカー予備軍」の烙印を押されないように気を付けましょう。

 

もし元カレ・元カノに新しい彼女・彼氏ができたとしても、それで憤るのはお門違いです。元カレ・元カノは、もうとっくに「あなたのもの」ではないのですから。
しかし、いずれにせよ、復縁を焦ってむやみな行動にでることは自殺行為になるので、気を付けましょう。
復縁はタイミング。そのタイミングを見極め、ベストな時期に元カレ・元カノと接触することが大事なのです。

スポンサーリンク