復縁は地道な修復作業が大切、焦りは禁物

MENU

復縁は地道な修復作業が大切、焦りは禁物

スポンサーリンク

よく「コツコツやることが大事」と言いますが、それはもちろん復縁にもあてはまります。
「気持ちがあればうまくいく!強く思えば相手にも伝わる!」なんていうのは、まやかしです。
ただの感情論です。そんなことは少女漫画の中でしか起こりえません。

 

仮にもしそのような成功例があったとしても、そのふたりの別れ方によほど理由があったというだけのこと。
決して真似はしないようにしましょう。
なんの準備もなく自分の気持ちを一方的に伝えることは、かなりのリスクがあり失敗する確率の方が高いことをしっかり理解しておくことが大事です。

 

もし、あなたがまだ元カレ・元カノとなんらかのコンタクトを取れる状況にあるのであれば、まだ復縁の望みは少なからずあると言えるでしょう。
ほんの少しでも関わりを維持していくことで、絶好の復縁のタイミングが現れるかもしれないからです。

 

しかし、ここで重要なのは、可能性があるからといってひとりで先走らないこと。
あなたが自己中心的な行動をした瞬間に、元カレ・元カノの中でのあなたの評価は一気に下がってしまいます。
最悪の場合、音信不通になるかもしれません。
とりわけ、別れたばかりだと、まだ「付き合ったまま」のような関わり方をしてしまいがちです。
もう元カレ・元カノは恋人ではないということをしっかり自分に言い聞かせ、必要以上に馴れ馴れしい態度はとらないようにするべきです。
「こいつ、まだ恋人気取りだよ」なんて思われた日には、目もあてられません。

 

復縁したい人にとっての一番の強敵は、焦りです。
別れた瞬間から、あなたと元カレ・元カノは赤の他人。
お互いのいない、別の人生を歩み始めたのです。
ふたりの間には大きな溝ができています。
もし復縁を望むならば、ある程度の時間をとり、そこからふたりの間にできた距離を一歩一歩縮めていかなければなりません。
いきなり復縁!というわけではなく、地道な修復作業が必要だということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク