復縁を考える時の最初の心構え

MENU

復縁を考える時の最初の心構え

スポンサーリンク

恋愛とは一筋縄にはいかないもので、どんなに一生を誓った仲であっても、ほんの少し歯車が狂ってしまっただけで別れてしまうことはよくあります。
そしていざ別れてから、「あの時なぜあんなことを言ってしまったんだろう?」「きっとあの人が自分の運命の人だったはずなのに」と感じるのです。
失ってから、はじめてその大切さが分かると言いますが、元カレ・元カノの場合も同様。
自分の所有物でなくなった瞬間に、その人の良いところばかりを思い出してしまい、復縁を願うようになるケースは多々あります。

 

復縁を希望する時、多くの人は「かつてはあんなに愛し合っていたのだから、復縁はすぐできるに違いない」と思いがちです。
しかし、実際に復縁が容易かといえば、そんなことはありません。
別れを告げた元カレ・元カノにとって、あなたと愛し合っていたのはもう過去のこと。
今もあなたに恋こがれているという可能性は限りなく少ないでしょう。

 

結果、メールやLINEで自分をアピールしようとしたところで、ただの独りよがりに終わってしまうことが多いのです。
それどころか、「いまだに恋人気取りで連絡してくるしつこい人」なんて受け取られかねません。

 

「覆水盆に返らず」ということわざがあるように、一度終わってしまった関係を元に戻すことはとても困難です。
というのも、ふたりが別れたことには必ず理由があり、元カレ・元カノもそれなりの心積りをして別れを選んだはずだからです。
その理由が解消され、元カレ・元カノの決意が揺らがないかぎり、復縁は実現しないのです。
もしかしたら、どんなアプローチをしてももう振り向いてくれないかもしれません。

 

何度呼びかけても応えてくれないかもしれません。
しかし、そこであなたが諦めてしまえば、復縁の夢は完全に消えてしまうでしょう。
もし本当にあなたが復縁したいのであれば、強靭な心を持ち続けなくてはなりません。
あなたが諦めないかぎり、可能性は0ではないのです。

スポンサーリンク