本当に復縁すべきか考える復縁にこだわることで起こる損失

MENU

本当に復縁したいか考える復縁にこだわることで起こる損失

スポンサーリンク

彼氏や彼女と別れた後、胸にポッカリと穴が開いたように感じたり、ふとしたときに相手のことを思い出したりして切なくなることは誰しも経験したことがあると思います。
その想いが強い時、人は「復縁」という選択肢を持つようになるのです。
しかし、復縁ばかりにこだわることは時に大きな損失になることをご存事でしょうか?

 

復縁を考えることは、かならずしも悪い事ではありません。
失ったものの大きさに耐えられなくなって取り戻したくなることも、新しい関係性を一から築くのは面倒だと感じることも、人としてとても自然なことだからです。
しかし、復縁ばかりを考えて周りに目を向けないのは、大きな機会損失と言えるでしょう。
なぜなら、今追いかけている人が本当は自分の運命の人ではないかもしれないからです。
可能性を狭めずに広い視野を持つことによって、もっと自分に会った彼氏・彼女との出会いがあるかもしれません。
人生は一度きりで、時間は限られているのです。
「この人しかいない!」と決めつけるのは止めましょう。
「フラれてもフラれても気にせずに何度もアプローチした結果、元さやに戻りました!」なんていうのは、ほとんどの場合マンガやドラマの中だけの世界です。

 

ただし、他の人とも付き合ってみた結果、それでもやはり元カノ・元カレが忘れられないという時は、再アプローチするのも手です。
相手に新しい恋人がいたとしても、もうまったく可能性が無いわけではありません。
まずはなんらかの繋がりを持つように心がけましょう。

 

その場合、自分の悩みを相談するなど、軽い話題から持ちかけるのがポイントです。
始めからまだ気があることをほのめかしたり、付き合っていた頃の思い出話などをするのは逆効果になります。
あくまで「友達」としての立場をわきまえ、元カレ・元カノが頼れる「話し相手」に徹するのがベストです。
そうして繋がりを維持しながら、自分の存在をアピールできるチャンスを待ちましょう。

スポンサーリンク