別れた後の冷却期間、復縁のために出来ること

MENU

別れた後の冷却期間、復縁のために出来る事

スポンサーリンク

復縁までの道筋をしっかり決めることは大切ですが、ほとんどの場合、その計画通りに事が進むことはありません。
人の心は簡単には読めず、また偶然的な要素も入ってくるからです。
結果に一喜一憂せず、広い視野を持って計画を進めていく心積りが大事になります。

 

復縁を希望する人がまずすべきことは、相手の冷却期間を設け、復縁の準備をすすめていくことです。
この準備には、もちろん「自分磨き」も含まれています。自分の魅力をあげることで、元カレ・元カノに「何か変わったな」と思わせることがポイントです。
外見に気を付けるだけでなく、性格だったり考え方も見つめ直しましょう。もしかしたら、別れた原因の中にそれらも含まれているかもしれないからです。
準備がしっかり整ったら、自信を持ってポジティブな気持ちで相手へのアプローチを開始しましょう。

 

計画するのが苦手、という人も、復縁に限って言えば慎重さは必要不可欠。
少しずつ相手の距離を縮めていくつもりで頑張りましょう。
「復縁したい!」と思っているからには、あなたにとっての元カレ・元カノの存在はとても大きいはずです。
うまくいかなくても、焦ったり自暴自棄になってはいけません。

 

期間を設けず、復縁の準備を全くせずに相手にアプローチをすると、元カレ・元カノに「反省が無い」「なにも考えていない」と思われがちです。
人によっては、「バカにされている」と感じてさらに溝が深まるケースもあるようです。
まずは自分を磨き、自信をつけること。そして、友人などをふまえた軽いコンタクトからはじめて徐々に相手との距離を縮めていくのです。

 

元カレ・元カノがなかなか振り向いてくれない!という時こそ、「計画性」を重んじる時です。元カレ・元カノとの間にできた障壁を削っていくような気持ちでコンタクトを取り続けることが大切です。
その時に、間違っても自分本位なアプローチをしないこと。
相手のことを思いやり、しつこくない程度の関わり方を心がけましょう。

 

スポンサーリンク