元カレ・元カノに逆効果になるアプローチ

MENU

元カレ・元カノに逆効果になるアプローチ

スポンサーリンク

元カレ・元カノとの復縁を希望する場合、連絡は可能なかぎり多くとり続けた方がよい。
そう考えている方はいませんか?
確かに、まったくコンタクトを取らないでいると相手の近況が耳に入ってきませんし、元カレ・元カノに次の相手が見つかってしまうのではないか、という不安があるのも分かります。
しかし、これは大きな間違いです。
相手のことを考えないアプローチは、ほとんどの場合逆効果に終わるからです。

 

たとえ、別れ際に「友達に戻ろう」と元カレ・元カノに言われたのだとしても、だからといって付き合っていた時と同じ頻度でメールやLINEをするのは、あまり良い事ではありません。
けじめのない関係を続けることは、「復縁」について考える機会を奪うことになります。
付き合っているのかどうかさえも分からないような状態にならないためにも、ある程度の線引きは必要なのです。
また、相手があなたのコンタクトを「鬱陶しい」「面倒くさい」と感じるようになれば、復縁はさらに遠のいてしまでしょう。

 

別れた後というのは、自分の時間を持ちたいもの。
そして、あなたとの関係を振り返り、次に進むステップを作りたい時期なのです。
そんな時にあなたが自分の都合だけで連絡し続けることは、元カレ・元カノの邪魔をすることになりますし、なにより「身勝手な人だな」という印象を植え付けてしまう可能性があります。

 

特に、相手が男性の場合は、メールやLINEなどで連絡するのが苦手という人も少なくありません。
仕事が忙しいのにも関わらず仕方なく返信しているケースも多く見受けられます。
「返事が来る=相手も私とのメールを楽しんでいるはず」という決めつけは絶対に止めましょう。
そのような温度差が、男女間の亀裂をさらに大きくしてしまうことも考えられるからです。
たとえ自分の発信をスルーされたとしても、そこで騒ぎたてたりせず、見守る姿勢が大切です。
相手の連絡ペースを理解し、それに合わせるように努力することこそが、復縁の近道だと言えます。

スポンサーリンク