復縁成功のカギは冷却期間とタイミング

MENU

復縁成功のカギは冷却期間とタイミング

スポンサーリンク

「復縁は片思いに近い」という言葉を聞いたことがあります。
いくら昔は愛し合っていたとしても、別れてしまったらあかの他人。
それなのに付き合っていた当時と同じようなコンタクトの取り方をすれば、元カレ・元カノは一歩引いてしまうでしょう。
相手に「別れをなんの教訓にもしていない、少しも反省していない」と思われたら、ふたりの間の溝はさらに深まってしまうはずです。
片思いのときと同じように相手のことを思いやり、じっくりと時間をかけて相手を知ろうとする努力が必要なのです。
まずはある程度の冷却期間をおいてお互いにクールダウンし、それからタイミングを見計らう必要があります。

 

 

また、片思いに近いとは言っても、完全に同じというわけではありません。
一度別れるという失敗をしている以上は、相手のあなたに対する不信や警戒心を解いていかなければならないのです。
元カレ・元カノがまだあなたを許せないでいるのに、その気持ちを無視して強引にアプローチするようなことをすれば、まったくの逆効果でしょう。
付き合っていた当時と同じようなアプローチ方法であれば、「また付き合ったところでまた失敗するに違いない」と思わせてしまうかもしれません。
まずは自分が前とは変わったということをアピールして、相手に興味を持ってもらうことから始めるべきです。

 

 

お互いの悪い所も知っているからこそ、復縁は困難な道です。
このような書き方をすると、「もういっそ片思いの頃からやり直したい!」と感じる方もいるかもしれません。
しかし、あなた方には「長い時間一緒にいた」というハンディもあるのです。
つまり、相手の好みだったり、行動パターンも知っているということは、相手への心の距離を縮めやすいという利点でもあります。
このメリットをうまく活用して、相手との間にできた溝を少しずつ埋めていくように努力しましょう。その中で少しずつ「新しい自分」を小出しにしてけば、相手もいつかは振り向いてくれるかもしれません。

スポンサーリンク