失恋から立ち直り、復縁するために過去を反省し素直に!

MENU

復縁するためにも過去を反省し、素直になる

スポンサーリンク

復縁を成功させるため、そして今後うまく恋人と付き合っていくためには
素直になるということが必要です。
もちろん、恋愛関係にいる相手だけではなく、周りの人たちにも大きく影響するでしょう。
しかし、「素直になろう」と思ったところで、簡単になれるわけではありません。
気づいたらまた意地を張っていて…なんてことも多いのではないでしょうか。
大好きだからこそ素直になれない、というときもありますよね。

 

素直になるためには、日頃から意識することが大切になります。
今回は素直な人になるための方法を見ていきましょう。

 

まずは素直になるということを意識して行ってみましょう。

意地を張ってしまったときというのは、後々まで覚えている人もいると思います。
「あの時はこう言ってしまったけど、本当はこう言いたかった」など、時間が経ってから後悔することもあるでしょう。
こういうときに「素直になりたい!」と思いますよね。
しかし反対に、最近いつ素直になったかというのは覚えていない人がほとんどだと思います。
それを意識して、実行するのです。

 

自分の気持ちを相手に伝えるというのはなかなか勇気のいるものです。
最初は挨拶など、小さいことから始めて構いません。
いつも言えないことを少しずつ言えるようにしていきましょう。
例えば「ありがとう」などの感謝の気持ちや「ごめんなさい」などの謝罪の気持ちは、言いたくても恥ずかしいという気持ちがあると思います。
そんなとき、恥ずかしいという気持ちを少し抑えて一言だけ言ってみましょう。
これで素直になるための一歩を踏み出せますし、周りからも好印象です。
たったこれだけで、人間関係も良好にすることができます。

 

自分の意見をうまく伝える

挨拶ができるようになったら、次は自分の気持ちをもっと出せるように頑張ってみましょう。
自分から意見を言うのもそうですが、相手がもし間違ったことを言ったとしたら、あなたはそれを訂正できるでしょうか。
相手が言ったことに対し、「こうした方が良い」と思っても素直に否定できない人も多いと思います。

 

そんな場面に遭遇したら
逃げずに自分の考えを伝えてみてください。
人の意見を聞き、自分の意見を伝えるということは簡単なようで難しいものです。
しかし、訓練次第では当たり前にできるようになるでしょう。

 

もちろん、何でもかんでも自分の思ったことを全部素直に伝えれば良いというものではありません。
相手の考えを無視して自分の考えを主張してしまっては、ケンカの原因にもなってしまいます。
これではせっかく元恋人と復縁したとしても口論になってうまく付き合っていけないかもしれません。
相手の機嫌を損ねるような言葉は避ける必要があります。
そういった見極めも非常に重要となってきます。
逆に、ここをクリアすれば復縁したあとのケンカはかなり減少していくはずです。

 

1日を振り返って反省する

毎日寝る前に、「今日は何回素直になれた」「今日は素直になれなかった」などその日の反省をしてみましょう。
できなかったら、次の日に頑張れば良いのです。
無理に行う必要は全くありません。
ゆっくりと頑張っていきましょう。
後から目で見てわかるように、手帳などに記録していくのも良いです。
日記をつけるのも良い方法でしょう。

 

毎日続けることができるようになれば、きっと恋人にも素直になれると思います。
素直になって、素敵な恋愛ができるようになると良いですね。

スポンサーリンク

関連記事