復縁後同じ失敗は繰り返さないための方法

MENU

復縁後同じ失敗は繰り返さないための注意点

スポンサーリンク

付き合っていた男女が分かれる原因は、カップルによって違います。
性格の不一致であったり、喧嘩別れだったり、別れの原因は様々です。
しかし、ほとんどの場合、「どちらかにしか原因がない」ということはありません。
ふたりとも何かしらの欠点があり、それが別れの引き金となっているのです。
まずは自分の悪かった言動を思い返し、見直すようにしましょう。

 

相手のことを責めるのは簡単ですが、それでは自分の成長は見込めません。
自分の欠点が分かったら、今度はそれを改善していくプロセスが必要になります。
自分の嫌な点と向き合うことは、心が削られるような辛さがありますが、新しい自分になるためと割り切ってやり遂げましょう。

 

ところで、あなたは復縁を希望する時、元カレ・元カノに対しどのように自分の思いを伝えるでしょうか?
「昔は愛し合っていたんだし、今でもなんだかんだ言って自分のことが好きなんじゃないか」なんていう安易な気持ちでいきなりコンタクトを取れば、向こうも引いてしまうでしょう。
相手の気持ちなんてまったく思いやれていない行為です。
元カレ・元カノがあなたとの別れに合意した以上、一度はあなたの存在を切り捨てる決心をしたという事実を忘れてはいけません。
そんな身勝手な心構えでは、復縁する可能性はほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

そもそも、一度別れた相手であるにも関わらず、元カレ・元カノと復縁したいのはなぜかを考え直してみるべきです。
別れを経験したことで、相手の良さや自分にとっての大切さに気付いたからではないでしょうか。
それなのにただ自分の気持ちさえ伝わればいい、というのでは、本末転倒も良いとこですよね。

 

復縁は、よりを戻すことがゴールなのではありません。
ゴールをはき違えてしまうと、せっかく復縁してもすぐに別れる、ということにもなりかねないのです。
自分に何が足りなかったのかをよく思い返し、同じ失敗は二度繰り返さないこと。
それこそが復縁を成功させるカギとなります。

スポンサーリンク