復縁したいか再確認 冷却期間の必要性

MENU

復縁したいか再確認 冷却期間の必要性

スポンサーリンク

多くの場合、「冷却期間」を設けることで別れたふたりに「交際を見直す」時間を作ることができます。
その結果お互いの良さを再認識することができたり、またはもっと自分に合った相手を見つけることもできるでしょう。
しかし、相手によっては、冷却期間を設けることがおすすめできないケースもあります。

 

たとえばあなたの元カレ・元カノが「常に彼氏・彼女がいないと不安になってしまう」タイプの場合、あなたが冷却期間だと考えている間にも、相手は次に進んでしまうでしょう。
そういう人の場合は、「彼氏・彼女がいる状態」にステータスや安心を感じ、その状態を維持しようとするので、あなたが相手を放置することは得策ではないと言えます。

 

元カレ・元カノが他の人と付き合い始めたからといって復縁の可能性がゼロになるわけではありませんが、そのまま結婚してしまったりしたら、もう取り返しがつきません。
もし元カレ・元カノがそういうタイプだという認識があるのなら、別れてからもすぐにアプローチを再開しなくてはならないのです。「鉄は熱いうちに打て」というように、相手の目が他の人に向く前に、こちらに興味を持たせる必要があるのです。

 

しかし、ほとんどの場合、「付き合いに対して貪欲な人」というのは、復縁するのも簡単なことが多いです。
「常に恋人がいないと不安になる、誰でもいいから側にいてほしい」というタイプの人であれば、別に相手があなたでなくても良いのかもしれません。
復縁したところで、相手の浮気などが原因でまた別れる可能性も低くはないのです。
そのようにあなたのことを大切に感じてくれない人であるのならば、その時は復縁を考え直した方が良いかもしれません。
本当にその人と復縁することはあなたにとって価値があることなのかどうか、今一度深く考えてみましょう。
もしかしたらその人はあなたの運命の人ではなく、もっとあなたのことを大切にしてくれる人があなたの周りにいるかもしれませんよ。

スポンサーリンク