適度な冷却期間で復縁の間合いを取る

MENU

適度な冷却期間で復縁の間合いを取る

スポンサーリンク

冷却期間とは、元カレ・元カノとの関係を見直す良いチャンスです。
自分だけでなく、相手にも「考える機会」を与えることができます。
別れた後すぐというのは、つい自分の都合だけで物事を考えてしまいます。
しかし、そのままの感情を元カレ・元カノにぶつけても、真意がうまく伝わることはまずないでしょう。
まずは感情を整理して、相手が自分にとってどのような存在なのか、自分はなぜ相手と復縁したいのかをよく考えなくてはなりません。

 

世の中には一時の寂しさを埋めるため、自分を捨てた相手を見返すためにすぐ別の人と付き合う人もいますが、そういう人はえてして同じ失敗を繰り返しがちです。
まずは別れた原因を思い返し反省することで、自分を成長させる必要があるのです。
過去を乗り越えずに見ないふりして先に進んでも、待っているのは同じ結果だということをしっかりと認識しなければなりません。

 

別れたばかりで元カレ・元カノへの思いが錯綜している時は、まず距離を置くことで気持ちの整理をつけましょう。
別れを切り出されたことへの怒りや、相手の態度や言動に対する不満がある場合、すぐにコンタクトを取ったところでうまくいかないことがほとんどです。
あなたの不用意な一言がきっかけで相手を傷つけ、復縁が夢のまた夢になってしまうかもしれません。
感情のコントロールもままならないうちに会うことは、ふたりの距離はさらに遠ざけるきっかけになりかねないのです。
今は、冷却期間を置くことでお互いにクールダウンし、冷静になって相手への気持ちを見つめ直すべきなのです。
付き合っている最中であっても、別れた後であっても、「相手との間合いの取り方」が重要なのは変わりません。

 

そして、適度な冷却期間を置いてもなお元カレ・元カノのことが忘れられない、好きだという気持ちがあれば、その時こそ行動に出るようにしましょう。
復縁を希望する人にとって一番大切なのは、焦らずに辛抱強くアプローチするという心積りなのです。

スポンサーリンク