第三者視点で客観的に見るのが復縁への近道

MENU

第三者視点で客観的に見るのが復縁への近道

スポンサーリンク

別れた後に、どうしても元カレ・元カノの存在が忘れられず復縁を望むケースは少なくありません。
しかし、実際に復縁を成功させることができるカップルは、そう多くないのです。

 

というのも、元カレ・元カノが「別れる」という選択を取ったからには必ず理由があり、その原因を解消しないかぎりは、相手の心は戻ってこないからです。
まず自分自身が変わっていかなければ、復縁を成功させることはかなり難しいでしょう。
たとえ口先だけでごまかして復縁が実現したとしても、同じ理由が原因で別れてしまうことは多々あります。
もし復縁することを諦めて他の人と付き合うことになったとしても、あなたが変わっていなければ同じような結果を繰り返してしまう可能性は高いでしょう。

 

そこで必要なのが、「自分を客観的視点から見てみる」というプロセスです。
人はどうしても自分主体に物を考えてしまいがちです。そこで、あなたが何か行動するときに、一度ストップして第三者がそれを見たらどう感じるかを考えてみましょう。

 

小さい頃によく「〇〇ちゃんの気持ちになって考えてみようね」と言われたかと思いますが、同じことです。このプロセスを挟むことで、身勝手で自分本位な行動を減らすことができます。「客観的に見る」ことは、あなたが今後そうするべきなのかも同時に映し出してくれるのです。
あなたがもし異性であれば、あなたと付き合ってみたいと思いますか?
あなたの行動を見てどう感じるでしょう?
「ワガママすぎる」「可愛げがない」「束縛しすぎて疲れる」などなど…色々と思うところがあるはずです。それらの感想は、みな元カレ・元カノも感じていたものなのです。別れを切り出された理由がなんとなく見えてきませんか?
このように、客観的に見ることで自身の悪い所をあぶり出し改善していくことこそが、復縁の一番の近道と言えるでしょう。
改善した結果、もし復縁が達成できなかったとしても、次の恋愛では同じ過ちを繰り返さずに関係を育んでいくことができるはずです。

スポンサーリンク