臨機応変に駆け引きを復縁に生かす方法

MENU

臨機応変に駆け引きを復縁に生かす方法

スポンサーリンク

「恋愛に駆け引きは不可欠」という言葉があるように、恋愛においては、いつなんどきでも自分の気持ちを前面に押し出すことはあまり良いこととは言えません。時には押して、時には攻める。
状況や相手の気持ちに合わせた臨機応変な態度が重要なカギとなってくるのです。
もしあなたがそういった駆け引きをするのが苦手な人ならば、今こそ駆け引きを学んで「復縁」に活かすことが必要な時でしょう。

 

多くの場合、人は自分に気のある人間はぞんざいに扱ってしまうものなのです。
というのも、もう自分にじゅうぶんな好意があるわけですからわざわざ餌を与えなくても離れていかないことが分かっているためです。
自分の既存ファンに時間を費やすより、新規ファンを集めることに労力を使った方が賢いに決まっています。
そういった意味でも、復縁したいからといって下手に出ることはなるべく避けなくてはなりません。
元カレ・元カノに「こいつならいつでも元に戻ることが出来る」という甘い気持ちを抱かせてしまえば、復縁はかなりの確率で失敗するでしょう。

 

ふたりが別れるという決断を選んだ以上、どちらかにしか欠点がないということはまずありえません。
必ずどちらにも悪い部分があって、その相乗効果が別れへと繋がったのです。
別れた後も付き合ってる当時と変わらない頻度でコンタクトを取ったり、デレデレしているようでは少しもケジメになっていません。
あなたがどんなに復縁を望んでいたとしても、まずは相手との距離を取って、冷静になることです。
クールダウンして自分の悪かったところを見つめ直した後は、必要以上に相手に媚びないように凛としていましょう。
元カレ・元カノが自分の悪かったところを反省するまでは、わざと冷たい態度を取っていればよいのです。
そうすることで相手の後悔や焦りを呼び起こすことができるかもしれません。
あなたひとりが謝って復縁したところで、ふたりの仲は長く続かないことを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク