復縁するには自分の悪いところを改善する

MENU

復縁するには自分の悪いところを改善する

スポンサーリンク

別れる時は相手の悪さが目につき、「自分は悪くない!」と思っていても、いざ離れてしまうと意固地になっていた自分に気付くことがあります。
自分の言動を思い返し、「なぜあの時あんなことを言ってしまったんだ」と後悔することもあるでしょう。
そうやって自分の欠点を見直すことは、復縁を希望する人にとっては必要不可欠なステップだと言えます。

 

 

もちろん、人間なのですから、相手にも悪い所はあります。
相手の言動がカンに触ったり、喧嘩に発展することももちろんあるはずです。
しかし、それでもなお元カレ・元カノと復縁したいという気持ちがあるのであれば、まずはあなたが変わるしかありません。
悪かったところを改善して、向こうに変化を認めてもらうしかないのです。

 

 

もし別れる前や別れを告げる時に相手を傷つけてしまったという自覚があるのならば、復縁への道のりはかなり険しいことを覚悟しなくてはなりません。
元カレ・元カノの受けた傷は、簡単には癒えないはず。
ですから、まずは相手と距離を取り、相手に「自分のことを考えなくていい時間」を与えることが必要です。
そして、その間にあなたがすべきことは、自分の悪かった言動を思い出し、改善していくことです。
コンタクトを取るのは、それからでも遅くありません。

 

 

過去は変えることができませんが、これからのことは別です。
あなたの努力次第では、元カレ・元カノに「この人は変わったから、よりを戻してもいいかもしれない」と思わせることができるかもしれません。
重要なのは、同じことを繰り返さないことです。

 

私自身、別れた後に寂しくなって復縁したはよいものの、やはり同じような原因ですぐに別れてしまった、ということがありました。
これではせっかく復縁した意味がまるでありませんし、お互いになんの反省も成長も無かったということになります。
復縁はその場をしのぐ便利アイテムではありません。
ふたりの将来を見据えた「復縁」を目指すようにしましょう。

スポンサーリンク