相手を束縛しない復縁のために性格を変える

MENU

相手を束縛しない復縁のために性格を変える

スポンサーリンク

彼氏・彼女ができるとその人だけにのめりこんでしまい、周りが見えなくなってしまう人。
あなたの周りにもいませんか?
付き合いはじめると友達と疎遠になってなかなか遊びにいかなくなったり、会話の中でも「彼氏・彼女」の話が多くなる人はこれに当てはまります。
私自身も、わりと最近までこのようなタイプでした。
相手が今何しているのかが気になってしまい、返信が来ないとそわそわしてしまい、ついつい「愛情表現」を強要してしまうのです。

 

こういったタイプの人は意外と多いようで、私の周りでもよく同じような話を聞きます。
その中には、「自分はあんなにも相手に尽くして、愛していたのに!なんでフラれたの!?」と別れに納得していないケースもしばしば。
実はこういった人は、自分が相手のことをないがしろにしてしまっていることに気付いてないのです。
確かに行動だけ聞けば一見相手のことを尊重して大事にしているようですが、よくよく見てみれば相手のことをまったく信頼できていないのが分かります。
相手を束縛してがんじがらめにするような行動は、付き合いはじめは良くても、だんだん窮屈さを感じさせるようになるでしょう。
恋愛関係は信頼があってこそ続けられるもの。
こういった行動は、相手に「信用されていない」「この人とは未来が無いな」と感じさせてしまい、結果的に別れに繋がるケースが多いのです。

 

あなたがこういうタイプに当てはまり、そして復縁を目指しているのであれば、まずは別れた原因が自分の性格にあったことを自覚しなければなりません。
そして、元カレ・元カノに再びアプローチを開始するまでに自分を改善する必要があります。
私自身、そのことに気付いてからは恋愛にのめりこまないよう気を付けました。
「恋人」だけに執着しないように新しい趣味を作ってうまく発散するようにしたり、メールやLINEを送る前にもう一度「ひとりよがりになってないか」をチェックしたり。そんな小さなことでも、コツコツ続けて行けば性格の改善になるのです。

スポンサーリンク