別れの原因と冷却期間の時間の導き方

MENU

元カレ・元カノの心を再び引き寄せるために

スポンサーリンク

一般的に、あなたが復縁を希望する場合、いきなり相手にコンタクトを取るのは止めた方が良いと言われています。
まずは相手との間に冷却期間を設け、お互いに気持ちを落ち着けたり交際を振り返ったりする時間を設ける必要があるのです。
別れ際に大きくもめた場合には、元カレ・元カノがあなたのことを毛嫌いしている場合も多いので、冷却期間は長めに取るべきですたとえばケンカや浮気が原因であれば、あなたの信頼度は地に落ちているはずです。あなたが自分の悪かったところを反省して改善しない限りは、元カレ・元カノも再び振り向いてくれるはずはないでしょう。

 

冷却期間の間に自分磨きを怠らず、元カレ・元カノとの次の再会に備えておく必要があります。
このように、冷却期間を取ることは復縁にとってはかなり重要なプロセスと言えます。
しかし、場合によっては、この冷却期間が短くても問題ないケースもあるのです。

 

たとえば、元カレ・元カノが多忙すぎたことなど、なんらかの不可抗力によって別れたのであれば、長く時間を置く必要はないでしょう。
この場合は、どちらかが考え方を改めたり相手に合わせることですぐに解決できるからです。もしくは、その不可抗力な問題が解決することによっても、復縁の障害はなくなります。
不可抗力で、仕方なく別れたということですから、元カレ・元カノがまだあなたに対し愛情を感じ、未練がある状態ということも十分に考えられます。

 

しかし、別れた原因が一定期間を置くことで解決する場合であれば話は別です。
例えば、相手が受験であったり大きなプロジェクト等集中したいことがあってあなたとの別れを選んだのであれば、復縁についてのアプローチをするのは少し待つべきです。
その問題を解決して、相手が他のことにも目を向けられるようになった時を見計らって打ち明ければよいのです。
このケースの時には、問題が解決する前にメールやLINEなどでコンタクトを取ることはなるべく控えた方が賢明でしょう。

スポンサーリンク