元カレ・元カノと復縁するか考える時間を持とう

MENU

元カレ・元カノと復縁するか考える時間を持とう

スポンサーリンク

付き合っている当時はどんなに愛し合っていても、別れてしまった後のふたりはあかの他人。
お互いに別々の人生を歩み出しているのです
「逃した魚は大きい」という慣用句があるように、人は失った瞬間にその価値に気付き、過大評価してしまう生き物です。
彼氏・彼女と別れた時も、同じような気持ちで「復縁」という選択肢を望むようになる人は大勢います。

 

とりわけ、別れた直後というのは、心にポッカリと穴が開き、相手への未練が積もる時期です。
そのため、「元カレ・元カノ以上に自分のことを分かってくれる人はいない」「復縁したい」という気持ちが先走ってしまうことが多くあります。
しかし、そこですぐ行動に出ることは避けた方が良いでしょう。
まずは冷静になって相手について考えてみるべきです。

 

その時、元カレ・元カノの良い所をノートに書きだしてみるのもよいかもしれません。
言葉にして並べることで、あなたが相手にどんな魅力を感じていたか、何を求めていたのかがはっきりと分かるからです。
何個書き出せたでしょうか?

 

改めて元カレ・元カノの良さに気付くかもしれませんし、こんなに少なかったっけと驚くかもしれません。
数は置いておくとしても、果たしてその長所は元カレ・元カノにしかないものですか?
本当に元カレ・元カノはあなたに合っているのでしょうか?
感情論だけにならず、一度深く考えてみるべきです。

 

もしその長所が他の男性・女性でも補えるものならば、新しい恋人を探すことにパワーを費やす方が良い時もあります。
復縁とは一度こじれた関係を修復する作業であり、達成することはとても困難です。
時間や労力の割に報われることはほとんどないといっても過言ではないでしょう。
相手の良さをノートに書きだすという行為は、あなたにとっての相手の必要性を見極める行為でもあるのです。
書き出してみてもなお、元カレ・元カノと復縁したいという気持ちが強ければ、その時こそアプローチを開始するときでしょう。

スポンサーリンク