冷却期間は元恋人とコンタクトを取らないようにする

MENU

冷却期間は元恋人とコンタクトを取らないようにする

スポンサーリンク

喧嘩別れをしてしまったとき、後々になってからそのことを後悔したり、相手の主張を正しかったと感じることは往々にしてよくあることです。
人というのは、お互いにヒートアップしている時は相手の話を聞きいれる余裕がなくても、比較的時間を置いて冷静になれば、なんとなく受け入れようという姿勢になるものなのです。
もし勢いで別れてしまったという場合でも、ある程度の期間を置くことで、またふたりの距離を縮めることができるかもしれません。
こういった意味では、復縁にとって最も必要なのは時間だと言えるでしょう。

 

しかし、あなたにまだ相手に対する未練があったり、またはどうしてもガツンと言ってやりたいことがある時であっても、基本的には1か月程度の時間を置くようにすべきです。
というのも、色々と感情がモヤモヤしている時に元カレ・元カノに伝えようとしても、結局は身勝手な主張となってしまい、相手に理解してもらえないケースが多いからです。
1か月も経ては、別れた直後の激情もだいぶ薄れているはずです。
ふられたショックや怒りの原因もしっかりと理論立てて説明できるようになっているのではないでしょうか。

 

このように、復縁を考える場合は、タイミングを重視しなければいけません。
どんなにあなたの思っていることが正しくても、相手にうまく伝わらなければ意味が無いのです。
時間を置いて冷静になることの大切さを忘れないようにしましょう。

 

そして、いざ連絡を入れるという時にも、いきなり元カレ・元カノにコンタクトを取ることは避けるべきです。
まずは共通の友人などに頼んで相手の様子を見ることから始めるのが無難でしょう。
冷却期間中に相手の近況になんらかの変化が起こっているかもしれませんし、もしかしたら新しい彼氏・彼女ができているかもしれません。
そんな中あなたが突然アプローチを始めても、相手は困惑してしまうはずです。
まず相手の置かれている状況を知り、それからどのようにアプローチを開始するかを決めるのが良いでしょう。

スポンサーリンク