元カレ・元カノの誕生日に個別メッセージを送って連絡のキッカケを作る

MENU

元カレ・元カノの誕生日に個別メッセージを送って連絡のキッカケを作る

スポンサーリンク

別れた後も相手のことが忘れられず、すぐに元カレ・元カノにコンタクトを取ろうとする人がいます。
しかしこのようなケースでは、相手に一歩引かれ、状況をさらに悪化させてしまうことがほとんどです。
まずは一呼吸置き、ふたりの交際を見つめ直す時期が必要なのです。ある程度の冷却期間を置いてお互いにクールダウンできたところで、アプローチを開始しましょう。

 

しかし、コンタクトを取るにしても、いつなんどきでも連絡していいというわけではありません。
別れてからはじめて連絡をするときのタイミングはとても重要なのです。

 

たとえば、元カレ・元カノの誕生日に電話やSNS(face bookのメッセージ機能)等で連絡したりすると、喜ばれるかもしれません。
恋愛感情抜きにしても、友人などから個別にメッセージを貰うことは嬉しいものです。
そんな些細なことでも、相手の警戒心を解きほぐし、ふたりの間にできた溝を少し埋めることができるかもしれないのです。

 

そして、せっかくコンタクトを取るのであれば、相手の懐かしさを利用して話を膨らませていくことも重要です。
さりげなく元カレ・元カノの近況を探ることもできるかもしれません。
相手に新しい恋人であったり、気になっている人がいるのかを聞いてみましょう。

 

もし「いる」と断言していた場合であっても、すぐに気を落としてはいけません。あなたの反応を伺ってわざと嘘を言っているかもしれないからです。
そんな時には落ち込みすぎず、さりげなく流して次の連絡のキッカケを作るようにしましょう。

 

このように、思いがけないタイミングでコンタクトを取ることは、相手との距離を縮めるにはもってこいの手法です。
とはいえ、私の友人はこの方法を取ろうとして「元カノとの付き合い記念日」に電話をかけ、気味悪がられて失敗していました。
誕生日ならまだしも、「自分たちにしかわからない記念日」に別れた元カレ・元カノから電話が来るなんて、気持ち悪い以外の何物でもありません。
かけるタイミングについてはよく考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク