自分が未練を引きずっていても、相手はどうか分かりません

MENU

自分が未練を引きずっていても、相手はどうか分かりません

スポンサーリンク

喧嘩などで別れた場合、別れ際には大声で怒鳴り合っていたけれど、いざ別れてみると心に穴が開いたようで相手の大きさに気付いた、というケースはよく見かけるものです。
人はどうしても別れ際や別れの直後には感情的になるものなのです。
そして一定の時期を置いてから冷静になって自分の行動を後悔したり懺悔する人も決して少なくないでしょう。

 

復縁を願っている人はえてして、「自分がこんなに未練を引きずっているのだから、相手も少しくらい寂しい思いをしているんじゃないか」なんて都合の良い妄想に取りつかれるものです。
しかし、昔はどんなに愛し合っていても、別れたあとはあかの他人です。
元カレ・元カノはなんらかの理由があってあなたとの別れを選んだはずなのですから、あなたがどんなに復縁を望んでいても、相手からすれば「身勝手」「迷惑」でしかないということも往々にありえるのです。

 

もしあなたが復縁を願うのであれば、相手を気遣う気持ちを忘れないようにして、これ以上距離を取られないようなコンタクトを心がけなければなりません。
そのために、あなたが復縁を申し込むためにかける電話でも、細心の注意を払わなければならないのです。

 

復縁した直後というのは、どうしても感情的になりやすいものです。
ネガティブになって涙が止まらないこともあれば、怒りで我を忘れてしまうこともあるでしょう。
せっかく電話したところで、口論になってしまうようでは、復縁の可能性は一気になくなってしまいます。

 

電話をする時には、絶対に感情的にならないで元カレ・元カノの意見を最後までしっかり受け止める、ということを心積りしておく必要があります。
相手の話を聞かないで一方的にあなたの気持ちを述べたところで、元カレ・元カノの気持ちは収まらないでしょう。
相手の怒りや辛さをしっかり受け取ってその後の関係に活かしていかなければ、復縁の可能性は消えてなくなるはずです。
全て受け入れる自信がないのであれば、冷静になるまでの時間をもう少し取って様子をみるべきでしょう。

スポンサーリンク