「焦り」は大敵!距離感を逆に生かして復縁成就を目指す

MENU

「焦り」は大敵!距離感を逆に生かして復縁成就を目指す

スポンサーリンク

別れた後にどうしても元カレ・元カノのことが忘れられず、復縁のことばかり考えてしまう人は少なくありません。
そんな人に多いのが、「早くアプローチしたい」、「自分の熱い気持ちを伝えたい」という想いが強すぎて行動を焦ってしまうパターンです。
まず、復縁を希望する人にとって「焦り」が一番の敵であることを理解しましょう。事はなるべく慎重に進めるべきです。

 

そして、かならずしも「相手に想いを伝えること」が重要であると思わないことです。
こちらにまだ未練があると知った時、元カレ・元カノがどういう態度を取るか考えてみましょう。
相手もこちらに未練タラタラなのであれば、すぐに関係は修復するかもしれません。

 

しかし、元カレ・元カノにまるでその気が無ければ、余計に距離を置かれてしまうことだってありえるのです。
付き合っていた当時から相手に振り回される傾向が強かったのであれば、うまく利用されて捨てられてしまうこともあるでしょう。
このように、相手の性格や考え方によっては、あなたの気持ちを前面に出さない方が復縁を成功させる時もあるのです。

 

久しぶりに再会をした時、懐かしさのあまりつい付き合っていた当時と同じように会話してしまうこともあるでしょう。
しかし、それはあまり良いこととは言えません。
それが大勢での集まりであっても、親しげに相手のみと会話したりするのはNGです。
恋愛においては、駆け引きが重要。
あまり親しくしすぎず元カレ・元カノに距離を感じさせるくらいがちょうど良いのです。
あなたが何を考えているのか分からない方が、相手はあなたに興味を持ちますし、別れたことを後悔したりするものなのです。
もしあなたが再会して舞い上がっていても、そのことは表情に出さず、あえて冷静になって相手を見てみましょう。

 

物事は、はじめが肝心です。
復縁して新しいスタートを切るにしても、「ケジメ」だけはしっかり持つようにしましょう。
同じ失敗を繰り返さないためにも、下手に出ず、距離感を感じさせることが重要なのです。

スポンサーリンク