元カレ、元カノともう一度やり直すために未練を見せない行動

MENU

もう一度元カレとやり直すために未練を見せない行動

スポンサーリンク

 

復縁を成功させるためには、相手に未練を見せてはいけません。
大好きな人と復縁したいと思うと、どうしても未練がましい態度になってしまいがちですが、それでは相手は怖いと感じてしまいます。
相手の負担になってしまっては、復縁は一層難しくなってしまうでしょう。

 

いったん離れることが復縁のポイント

別れてすぐのときは、会いたい、話したい、という気持ちを抑えて連絡もしないようにしましょう。
あなたを振ったということは、相手はあなたと付き合うことを嫌だと感じていたはずです。
別れたばかりのときはまだ相手がその状態でいると考えられます。
その状態でしつこく連絡をしてしまうと、より疲れさせてしまうことになるでしょう。
「別れてよかった」と思われてしまうかもしれません。
ここで印象を下げてしまっては、後々の復縁の結果に大きく響きます。
しばらくはそっと身を引いてください。

 

もちろん、離れているとその間に誰か違う人とくっついてしまうかもしれません。
不安になる気持ちも分かりますが、あなたが連絡をしたところで状況は変わりません。
むしろ早く他の人のところへ行きたいと思わせてしまいます。
新しい恋人を作っていた場合でも、責めることなどはしないでください。

誰とくっつこうが相手の自由ですし、恋人でもないあなたが束縛する権利もありません。

 

連絡をとっても良いのは、別れてから1ヶ月以上経った頃です。
1ヶ月経つまでは自分から連絡するのは避けましょう。
未練があるのかな、と思われてしまいます。

 

想いを少しだけ伝える

連絡して、すぐに復縁を求めるのはもちろんNGです。
焦らずにゆっくりと関係を修復していく必要があります。

 

別れてもまだ好きであるという変わらない想いを伝えましょう。
しかし、最初は「毎日あなたのことを考えている」など未練のあるような内容は避けてください。
自分の気持ちを分かって欲しいなどの、相手に何かを求めるような言葉を出すのもまだ早いです。
相手に負担をかけないような言葉で想いを伝えてください。

 

未練があるか探ってみる

まだ好きであることを伝えたら、揺さぶりをかけてみましょう。
「まだ好きだけど早く忘れるように頑張る」など、自分はあなたのことを忘れようとしている、ということを伝えるのです。
相手ももしかしたら未練が残っているかもしれません。
その場合、あなたが離れていこうとしていることに気がつくと相手から何か行動があるはずです。

 

しかし逆に何の反応もない場合は、相手はもうあなたには興味がないのかもしれません。
復縁できる可能性も低くなっているでしょう。

 

 

人間誰しも、一度冷めた相手からしつこく言い寄られたり、あまりにも愛情の重い行動をされたりすると負担に感じてしまいます。
別れて完全に冷め切った状態でさらに落とされては、もう良い印象に見られないかもしれません。
戻る関係も戻らなくなってしまうでしょう。
未練を見せないように行動してください。

スポンサーリンク

関連記事