冷却期間はどのくらいの期間必要?パターンで変わる置くべき時間

MENU

冷却期間はどのくらいの期間必要?

スポンサーリンク

あなたが復縁を希望する場合、「元カレ・元カノに新しい恋人ができる前になんとかしなければ!」とアプローチを焦ってしまうことがあると思います。
しかし、別れた直後に相手に復縁を迫ったところで、あなたが望むような結果にはならないはずです。
そんなことをすれば、元カレ・元カノは「なんの反省もしていない」と考えてあなたを軽蔑するでしょう。
恋愛に、焦りは禁物。まずはふたりがまったく関わらない「冷却期間」を設ける必要があります。
自分だけの時間を作ることでクールダウンし、感情的な行動を取らないようにするのです。

 

では、いったいどのくらいの冷却期間を設けるべきなのでしょうか?
必要とされる冷却期間の長さは、一般的に別れた理由によって異なります。
もし浮気や暴力などが原因で、相手があなたと付き合っている意義を見出せなくなって別れたのであれば、長期に渡る冷却期間を覚悟しなければなりません。
というのも、元カレ・元カノの中のあなたの評価は最低ランクにまで下がっているはずですから、あなたは自分の悪かったところを改善して相手に考え直してもらうしかないのです。
あまり大きな問題がなく、些細なケンカなどがきっかけで別れたのであれば、冷却期間は短めでもよいかもしれません。
逆に、長すぎると元カレ・元カノがあなたのことをすっぱり忘れ別の人にシフトチェンジしてしまうかもしれないのです。

 

冷却期間に入っても、はじめはなにかと元カレ・元カノのことが忘れられず辛いかとは思いますが、だんだんと冷静になってくるはずです。
ふたりの交際を思い返し、自分の悪かったところを振り返り、そして相手についてもよく考えてみましょう。
相手の良かったところや、自分と合わなかったところ。そして、相手と復縁することが本当に自分のためになるのかをよく考えるのです。
その結果、「やはり忘れられない、復縁したい」という想いが強ければ、その時がアプローチを開始する時期と言えるでしょう。

スポンサーリンク