失恋を受け入れられない?失恋をポジティブに考えるには?

MENU

失恋をポジティブに考えるには

スポンサーリンク

失恋したとき、あまりの辛さに人生をやめたいと思う人もいるでしょう。
自分にとって一番の大切な人でも、相手にとっての自分は一番ではない…
そう考えると考えるたびに胸が締め付けられていきます。
ネガティブな気持ちになりがちな失恋ですが、これをポジティブな気持ちに変える方法があります。

 

これからの未来の恋を想像してみる

皆さんの周りに、失恋を経験した友達はいますか?
友達ではなく、もちろん自分でも構いません。
その人は、失恋を克服できているでしょうか。
もしそういう人が周りにいると分かると思いますが、
失恋というものは実は新しい自分に成長させてくれるチャンスなのです。

 

まず、失恋から立ち直れない人に言いたいことがあります。
それは、人生の中で愛せるのは1人だけではないということです。
一度本気の恋愛をすると、もうこれ以上の恋はできない、今の恋が一番だ、と考えがちです。
逆に言えば、そういう恋愛をした人ほど、失恋した時の傷は深くなってしまうのです。
この人以外いない、もうこれから先恋愛なんかできない。
そんな想いが、失恋の悲しみを大きくさせてしまいます。

 

ですが、月並みな言い方をしますと、
「異性は星の数ほどいる」のです。
あなたが人生の中で出会う異性は、一人ではありません。
失恋したばかりの頃は一人しか見えないかもしれませんが、今まで色々な人と出会ってきたように、これから先も多くの人と出会います。

 

その中でまた、今のような、もしかしたら今を超えるような恋を見つけることができるかもしれません。
そんな風に考えることで、自然とポジティブな思考に変わっていきます。

 

失恋で手に入れるもの

そしてもう一つ知ってほしいのが、失恋をしたことがない人もいるということです。
もっと言えば、恋愛すらしたことがない人だってたくさんいます。
失恋は辛いですが、辛いということはそれほど誰かを好きになれたということ。
誰かを好きになるということはとても素晴らしいことです。
それすら経験できない人もいる中、
あなたはこんなにも辛くなるほど、誰かを愛することができたのです。

 

逆に、恋愛経験が多いにも関わらず、失恋をしたことがないという人も中にはいるでしょう。 確かに辛い失恋なんて経験せずに楽しい恋愛だけ知ることができたら、と思うかもしれません。
しかし、失恋をしたことがない人は、その気持ちを知ることができないのです。
どんなに恋愛経験豊富でも、失恋という悲しい感情は一度経験しないと絶対に知ることはできません。

 

失恋を知らない人は、失恋で傷ついたことのある人よりも感情が1つ少ないのです。

 

神様は、乗り越えられない人には試練を与えないと言います。
失恋をしたということはつまり、あなたはそれを乗り越える力を持っているということです。
そう考えると、失恋も悪いことばかりではないと思えてきませんか?

 

自分を変えるチャンス

失恋は必ずしも悪いわけではないと上で述べましたが、失恋から学ぶことは多いです。
例えば失恋前と失恋後で、自分自身の中で変わったことはないでしょうか。
もちろん気持ちの変化はあるでしょう。
その他、精神的にいっぱいいっぱいになって発狂してしまったり、もしくは気を紛らわせるために普段は飲まないお酒をたくさん飲んでしまったり…
失恋前には気づかなかったもう一人の自分が見えてきますね。

 

もしこの負の感情のせいで人に当たってしまったり、攻撃してしまったりといったことがあったら、それはあなたが改善すべき点です。
これから先、生きていけば、失恋以外にも辛いことはたくさん起こるでしょう。
その時に他人に迷惑をかけるようなことばかりしていては、本当に辛い時にそばにいてくれる人さえ失ってしまいます。

 

もちろん頼るときは頼ればいいのです。
でも、耐えなければいけない時もあります。

 

この、今まで気づけなかった事実に気づかせてくれたのは、あなたの場合失恋だったのです。
失恋を経験できてよかった、そうポジティブにも考えられませんか?

 

失恋を楽しんでみる

そして最後に
失恋したらそれを逆に楽しもうという考え方もできます。
失恋したからこそできること、つまり恋愛をしていないからこそできることをやるのです。

 

今は辛いかもしれませんが、そんなあなたにもきっと素敵な人が現れて、もっと良い恋愛ができることでしょう。
その人と幸せな家庭を築き、一生を共にするかもしれません。

 

その人に出会えるまで、今は一人の人生を楽しんでおきましょう。
結婚したら一人の人生はもう経験できなくなります。
自分の時間を自分の趣味に自由に使う、それを今のうちに思いっきりやっておきましょう。

 

そして、一人の時間を楽しんだら家族とゆっくり過ごしましょう。
家族の存在はとても大きいものです。
そのことに、失恋したあとは気づきやすいのではないでしょうか。

 

他の人には言えないけれど、家族になら話すことができる。
家族といると、なんだか落ち着く。
そういったことに、誰もが気づくことができるはずです。
家族というのは当たり前にあるようなもののようで、実は特別なものなのです。

 

家族とたくさんの時間を過ごして、両親からたくさんの愛情を貰いましょう。
それを将来、自分が家族を築いた時に、愛する相手や子どもたちに受け継ぐのです。

失恋した今のうちに、この「愛情の勉強」をしておきましょう。

 

失恋をポジティブに考えるというのは一見難しそうですが、このように見てみると自分もできそうだと思えてきませんか?
失恋は悪いことばかりではありません。
この経験をバネに、新しい自分へと成長しましょう!

スポンサーリンク

関連記事