別れた時間でクールダウンして復縁すべきかけじめをつける

MENU

別れた時間でクールダウンして復縁すべきかけじめをつける

スポンサーリンク

大好きだった彼氏・彼女と別れることは、とてもショックの大きい事です。
今までずっと傍らにいた存在が急に消えてしまうのですから、自信の身を削ったような感覚に襲われることもあるでしょう。
別れた瞬間から、ふたりは「あかの他人」となり、まったく別の人生を歩み出しています。
しかし、あなたがどうしても「自分には元カレ・元カノしかいない!」と思うのであれば、復縁を考えるようになるはずです。

 

別れた後というのは、どうしても感情が先に突っ走ってしまうものです。
「どんな事をしてでも、どんな無理な条件を飲んででも相手と復縁したい!」と考える人もいるかもしれません。
私の友人にも、元カレ・元カノのことがどうしても忘れられず、土下座したりプレゼント攻撃をしたりしてようやくよりを戻すことに成功した人がいました。
しかし、そんな一時の感情で復縁したところで、ふたりの関係が続くかと言えばそうでもありません。
友人の例もしかりです。きちんと過去と向き合って精算してこそ、次の恋愛にも反省が生かせるものなのです。

 

もしあなたが本当に元カレ・元カノとよりを戻したいのであれば、まずはある程度の冷却期間を置くようにしましょう。
お互いに相手と接触しない時間を作ることで、クールダウンすることができます。
その間に自分磨きに励み、新しい魅力を身に付けるのも良いでしょう。
そして、冷静になったところで「本当に復縁すべきなのか」をよく考えてみることです。
復縁とは、莫大なパワーと時間も必要とします。それらをすべてつぎ込んでも後悔しないくらい、元カレ・元カノは魅力的でしょうか?

 

今は喪失感からそう決めつけているだけで、もしかするとあなたにはもっと合った人がいるかもしれません。
元カレ・元カノが運命の人だとは限らないのです。
復縁の可能性があまりにも薄かったり、相手と復縁することが自分のためにならないなと思う場合は、けじめをつけて次の恋愛に進むことも必要なことなのです。

スポンサーリンク