突然の別れ話の別れ際の対応で復縁できるかが決まる

MENU

急な別れ話の別れ際の対応で復縁できるかが決まる

スポンサーリンク

別れ際に、ついカッとなってしまい、相手に対してひどいことを言ってしまった経験がある人も、決して少なくないのではないでしょうか。
特にこちらが一方的にフラれた場合、やるせない思いと相手を責める気持ちが重なって暴言になってしまうことはよくあることです。
しかし、この態度によって相手に嫌な思いをさせてしまった場合、復縁はかなり難しいと言えるでしょう。
元カレ・元カノが再起不能なくらいにショックを受けた場合、あなたの評価は地の底まで転落しているはずだからです。
たとえあなたの本心から言ったことばではないことを元カレ・元カノが理解していたとしても、一度つけられた傷はなかなか癒えないものなのです。

 

そういった自覚がある場合は、復縁の可能性はかなり低くなっていることを心に留め、相手の古傷をえぐることがないよう慎重に計画を進めていくべきです。
諦めて、次の相手を探すことも手かもしれません。
私の友人も、ふられたことがショックで、別れ際に暴言を吐いてしまったことがありました。
その後他の女性と付き合っても元カノの存在が忘れられず、復縁を考えるようになったそうです。
しかし、その想いを元カノに伝えたところ、「あの時のあなたのセリフがショックで忘れられない。そんな冷たい人と1年も付き合っていたことが恥ずかしい。もう付き合うことができません。」と言われ、連絡も取れなくなってしまったということでした。
彼の言葉がどれだけ相手を傷つけてしまったかが伺えます。

 

今から別れ話を持ちかけられるという方も、別れ際こそ慎重に自分をアピールする時だということを忘れないようにしましょう。
あなたがもし復縁を望んでいるのであれば、別れ際に良い印象を残すことはとても大事になってきます。別れた後も友人として接することで相手の近況を知る事ができるかもしれませんし、もしくは相手が寂しいときや失恋したときなどにあなたのことを思い出すことがあるかもしれません。辛い時は感情コントロールもかなり難しいかとは思いますが、ここが正念場とおもって頑張りましょう。

スポンサーリンク