元カレとよりを戻して、やり直すためにも褒め上手になろう!その秘訣とは?

MENU

元カレとよりを戻すためにもほめ上手に!

スポンサーリンク

他人に褒められたとき、嬉しくなりますよね。
あなたの周りには褒め上手な人はいるでしょうか。
褒められるのは誰でも好きなのに、褒め上手な人というのはとても少ないです。
復縁したいという相手がいる人は、是非褒め上手になって復縁の成功率をアップさせましょう。

 

サラッと使う褒め言葉

一度付き合っていた二人ですから、相手のことはよく知っていると思います。
復縁しようとしているからこそできる褒め方をしてみましょう。
例えば、何か服装などを褒めたいとき。
普通にカッコイイだとかオシャレだとか、そんな言葉はきっと初めて会った人でも言えることでしょう。

 

そこで、「やっぱりセンスいいね」とか「相変わらずオシャレだなぁ」など、昔も知っているからこそ言えるような褒め言葉を言ってみるのです。
これなら付き合っていた当時に思っていたことに対しても褒めることができます。
あまり不自然な言い方をすると、未練があるように感じさせてしまうこともあるので普段の会話の流れでさらっと言いましょう。
未練を感じさせては逆効果になってしまいます。

 

短所を利用してアピール

ところで人には誰でも短所がありますよね。
これは人それぞれ違うものです。
もちろん、付き合っていた二人の長所と短所もバラバラだったでしょう。
お互いの短所が原因で別れてしまったという人もいるのではないでしょうか。

 

もし、付き合っていたときのことを反省して、短所を改善しようとしているのならば、それを元恋人にアピールする必要があります。
もう付き合っていないのですから、自分からアピールしないと改善していることは相手に伝わりません。

 

相手にとっては長所で、自分にとっては短所である部分を見つけましょう。
例えば、相手は朝が得意だったけれど自分は夜型で、朝はいつも機嫌が悪かった…などです。
この場合は、相手が朝早く頑張っているのを褒めつつ、自分も最近は早寝早起きを心がけているなどのアピールをします。

 

相手にとっては長所で自分にとっては短所になるような部分が見つからないという人もいるかもしれません。
しかし、短所の裏返しは長所です。
例えば、優柔不断の反対は慎重ですし、おせっかいの反対は面倒見が良い、となります。
これをうまく利用して、相手を褒めていきましょう。

 

自分の短所は、相手から昔言われたことや怒られたことを思い出してください。ケンカの原因になった短所があるのならばそれも直しましょう。

 

その部分は相手にとって「あなたの嫌いな部分」になるわけですから、復縁前にしっかりと直しておかないとせっかく復縁できたとしてもうまくいかずに別れてしまうことになります。

 

相手の良いところをしっかり見つめる

褒めるときは相手のことをよく観察してください。
一度付き合っていた仲ならば、褒める部分もすぐに見つかるでしょう。
相手の些細な言葉や行動を見逃さないことが、褒め上手になるコツです。

スポンサーリンク

関連記事