元カレ元カノと絶対復縁!

MENU

束縛が原因で別れた場合の復縁

スポンサーリンク

大好きな恋人に振られてしまった原因が、自分の束縛によるものだという人もいるかと思います。
好きすぎると恋人を独占したい、自分の側に置いておきたい、と思うかもしれませんが、束縛される方は苦痛に感じるかもしれません。

 

注意していてもやりがちな束縛

もちろん、ある程度の束縛や嫉妬は必要でしょう。
恋人が異性と遊んでばかりだというのも問題です。

 

しかし、日常の生活に支障が出るような束縛はどうでしょうか。
恋人の仕事や友人関係に影響するほどの束縛は好ましくありませんよね。
また、時間を独占してしまうことで趣味も奪いかねません。

 

自分が幸せになるために相手の幸せを奪って良いのでしょうか。
あなたは束縛することで安心し、幸せになれるかもしれませんが、束縛される方としてはそれを幸せと感じることができません。
むしろ自分のやりたいことができずにストレスがたまってしまいます。
その結果、大好きなのに振られてしまったということになってしまうのです。

 

束縛が好きを嫌いに変える

束縛された人はもう逃げたい、自由になりたい、と思って別れを切り出したはずです。
あなたがこのまま束縛に対する考えを変えないのであれば、元恋人と復縁することはできないでしょう。

 

それどころか、これから出会うかもしれない他の異性まで逃げて行ってしまうかもしれません。

 

まずは自分も相手の立場に立って考えてみてください。
自分の趣味の時間を奪われ、仕事も満足にできず、友達と遊ぶこともできない。
ただ恋人のためだけに時間を使うことになります。
それでは本当の意味で幸せな気持ちにはなれませんよね。
束縛がよくないと思ったら、改善していきましょう。

 

”いつもそばに”は間違い

束縛をしている人の多くは、自分が相手の行動に制限をかけていることに気づいていないことが多いです。
もし相手から言われてしまったのならば、自分の行動を見直し、変えていきましょう。

 

束縛をしなくなれば、相手は自分よりも他の人と一緒に時間を過ごすことが増えると思います。
そうなれば当然、多くの交友関係から疲れも出てくるはずです。
そんな時に恋人と会えば、癒しになることができます。
ずっと恋人とばかり過ごしていたら、恋人のありがたみは半減してしまいます。

 

相手の時間を自分の時間として上手につかう

今まで恋人と一緒に過ごしていた時間を、少しずつ自分のために使っていきましょう。
趣味に没頭しても良いし、内面・外見の自分磨きをしても良いです。
これらは自分を素敵な人間にしてくれます。
結果、恋人へと還元されるでしょう。
考えてみれば、束縛はしない方がずっとメリットも大きいのです。

 

束縛が原因で別れたカップルが復縁できるのは、束縛していた方が自分の間違いに気づき、改善したからです。
束縛が重いと言って振られてしまった人は、復縁を求める前に自分の行動を見直してみてください。
改善できたときが、勝負のときです。

スポンサーリンク

関連記事