結婚予定だった彼氏、彼女の婚約破棄からの復縁とは?

MENU

婚約破棄からの復縁

スポンサーリンク

結婚しようとなれば、お互いの両親へ挨拶に行き、両家の顔合わせをすることになります。
この時、お互いの両親がもつ印象というのは大変重要なものとなってきます。
双方が良い印象を持てばよいのですが、二人が愛し合っていたとしても場合によっては両親が原因で別れてしまうこともあります。
この場合、どうすればよいのでしょうか。

 

婚約破棄になった原因を考える

まず、別れることになったとされる原因を見てみましょう。
プロポーズが終わり、婚約することになったときというのはその二人ともが幸せでいっぱいになっているでしょう。
その幸せな状態で、両親のところへ行くことになります。
絶対にうまくいくとは限らず、もちろんここで結婚を反対されることもあります。

 

しかし、ここで別れるカップルは多くの場合、結婚を反対されたその事実よりも「結婚を反対されたときの彼の態度」に原因があることが多いのです。
自分の親を尊敬するというのは大事ですが、彼が「自分の親は絶対に正しい」「親の言うことには逆らえない」と思い込んでいると彼女への配慮がなくなってしまいます。
彼女からすれば、ここで親に反論するなど、しっかり男らしいところを見せてほしいものです。

 

また、相手の両親というのは恋人同士のときはあまり関係がなかったかもしれませんが、結婚するとなればその相性も重要となってきます。
将来、一緒に住む可能性だってあるのです。
相手の両親とうまくいかないということはストレスにもなるでしょう。
ここで迷いが生じてもおかしくはありません。
状況によっては婚約破棄を決断する人もいるでしょう。

 

婚約破棄から持ち直す復縁

しかし、そのような経緯で婚約破棄となったにも関わらず、復縁して結婚するカップルもいます。

 

親に反対されても、自分たちは愛し合っている。
自分たちの結婚は、自分たちが決める。
親の決めることではない。

 

そう、思い直したのです。
親は必ずしも正しいわけではありません。
一生に関わる大事な決断です。
自分たちでよく話し合って決めてください。

 

結婚は両方の親からの独立

相手が親の言いなりになっている場合は、結婚は考え直しましょう。
ですが、両親は一度反対することで強い愛情を試していることもあります。
結婚したいという強い気持ちがあるのなら、二人で乗り越えていきましょう。

 

なるべくなら両家が仲良く円満に結婚したいですよね。
相手の行動をよく見て、焦って結婚しないように気をつけましょう。
婚約破棄からの復縁は普通の復縁よりも難しいことも頭に入れておいてください。
二人で一番良い結論を導き出して、幸せな家庭が築けると良いですね。

 

両親に反対されて心が折れそうになったり、この人と結婚していいのだろうか…
と、迷いが出始めるのも婚約後のこの時期です。
一度婚約状態になると周囲にも知れていることもあり、本当は悩んでいるなどと相談もしにくい状況になるでしょう。
当サイトではこのような状況の方に恋愛占いを提案しています。

スポンサーリンク

関連記事