元カレ、元カノとの同棲から別れたときの復縁方法とは?

MENU

同棲から別れたときの復縁

スポンサーリンク

 

結婚を前提にして付き合っていた、または同棲したことのあるカップルでも、別れることはもちろんあります。
同棲すると今までよりも長い時間恋人といることになります。
良い面も知ることができると思いますが、その反面、悪い面も知ることになるでしょう。
同棲して初めて見えてくる部分も多いです。
ではその相手を受け入れるためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

同棲はケンカと受け入れ

同棲をすると、今まで見えてこなかったところも見えてくるでしょう。
毎日顔をあわせるので、態度が変わってくることもあると思います。
もしかしたら、一緒にいるのが当たり前になって好きという感情が薄れてくるかもしれません。

 

しかし、せっかく一緒にいるのに仕事ばかりしていて会話がなかったり、もしくはケンカばかりしていたりではもったいないです。
相手の嫌な面も見えてくると思いますが、そこは受け入れましょう。
もし絶対に受け入れられない、というのならば、その人とは結婚なんてできるわけがありません。
復縁したあとは、なるべくケンカにならないように我慢してください。
口論になってしまった場合はなるべく早く、相手に謝りましょう。

 

同棲をはじめるときの問題

さて、一緒に住むとなれば金銭面などでも問題が出てくるでしょう。
家賃や食費、光熱費はどちらが払うか。
また、家事の問題も出てくると思います。
同棲をすることになったら、最初にルールを決めましょう。
復縁前のルールに問題があったのならば、そこは改善しましょう。

 

もちろん、男性がお金を多く払う必要もありませんし、女性が家事をする必要もありません。
全て最初に決めたルールの通りにしなければいけないわけでもありません。
月によって収入に差があるのならば余裕のある方が払えばいいし、どちらかが先に帰って時間があるという日は率先して家事をすればいいのです。

同棲では思いやりが大切になります。

一緒に住むのだから、臨機応変に協力していきましょう。

 

心と心のつながりで暮らす

また、付き合ってまだ時間の経っていないような頃と比べると、長い間付き合っているカップルは肉体関係が減ってきていると思います。
肉体関係が減ったとしても、仲良く暮らしているカップルはたくさんいます。
無理に要求するのはやめましょう。

 

しかし、完全に無くなってしまうのは危険です。
お互いに無理のないように、バランスを見て関係を保ちましょう。

 

 

 

同棲をすると、二人だけの時間が増えて一気に距離が縮まると思います。
良くも悪くも相手のことを今まで以上に知っていくことになります。
そこでより愛を深めて結婚するか、それとも飽きたり嫌になったりして別れてしまうかはあなたたち次第です。
同棲は相手を知るのには良いですが、欠点を探るためにあるわけではありません。
お互いの特徴や性格を掴み、うまく付き合っていけるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事