復縁したがる複雑な乙女心。気持ちに素直に

MENU

復縁したがる複雑な乙女心。気持ちに素直に

スポンサーリンク

 

なかなかに複雑な女性の気持ち。
そんな女性が考えていることは、男性はすごく気になると思います。

 

今回は元カレと復縁したいと考えている女性たちの本音をお教えします。

 

女性は、素直ではありません。

本当は別れたくないと思っていても、「もう別れる!」などと言ってしまうことがよくあります。
こんなときの女性の本音は、「引き止めて欲しい」「好きだということを確認したい」というようなものです。
女性は好きな恋人からは「別れたくない」と言われたいのですが、ここで男性から別れを承諾されてしまうと、もう後には引けなくなるのです。
自分から言い出したことなので、本当は好きなのに別れないといけないということになってしまいます。

 

ちなみに、本音とは反対のことを言ってしまうのは別れるときだけではありません。
例えば、誕生日に欲しいものを聞かれて「何もいらないよ!」と言うときも、プレゼントを用意してくれることを期待しています。
この言葉通りに何もプレゼントを用意しないと、女性はガッカリしてしまいます。

 

その他にも、困ったときに「大丈夫だよ」と言って本音では「助けて欲しい」と思っていることもあります。

 

女性は本当に難しい生き物です。
素直に言えなかったために、女性はかなりの後悔をします。そして自分の行動を反省し、次こそは、と復縁を求めるのです。

 

また、嫌になって別れたものの、別れてからぽっかりと心に穴が空き、自分が元カレに依存していたということが分かったという場合もあるでしょう。
大切なものは失って初めて気づく、とよく言いますが、これは恋愛にも当てはまることです。

 

ある人と別れてから、また別の異性と付き合うことになったという人も当然います。
そうして別の人と付き合って初めて、「やっぱり私にはあの人しかいない」と気づく場合もあるのです。
あるいは、別れたあと他の人のことを好きになれずに「私はあの人しか好きになれない」と思うこともあるでしょう。

 

今までは当たり前の存在だった元カレが離れてしまったことにより、初めてそのありがたさに気づくのです。
あれだけ自分の素を見せることができて、隣で毎日楽しく笑っていられた
元カレこそが、運命の人だったのかもしれない。そう、女性は考えるのです。

 

 

女性は一人でいることを嫌います。

週末の予定がなく、一人で家に閉じこもっていると寂しくて焦ってしまいます。
すぐに違う異性を見つけてすぐくっついてしまう女性も当然いると思いますが、しばらく一人の時期が続いてしまうと「元カレと復縁して、元の楽しかった日に戻りたい」という気持ちが生まれてくるのです。

 

彼氏と別れてフリーになった週末に、友達とのショッピングや食事などの予定を入れる人も多いでしょう。
しかし、友達と遊んでいても彼氏がいないという事実は心の中で常に引っかかっています。
彼氏がいる、ということは一種のステータスです。
新しいサークルの飲み会や合コン、その他多くの初めて会う場では自己紹介が行われますよね。
その後、話の話題として「彼氏はいるの?」と聞くことは珍しくないと思います。
そんなとき、女性としては「彼氏いないよ」と答えるのはなんだか負け組のような気がしてしまうのです。

 

もちろん好きな人と付き合いたいというのは一番の本音ですが、
女性なら誰にでも「とりあえず彼氏という存在がいてほしい」という気持ちが少なからずあります。
「彼氏とかいらないよ」なんて言っている女性も、それは嫉妬や強がりで、心の奥では「彼氏が欲しい」と思っていたりします。
「次に良い人が見つかるまで」という、元カレをキープとして置いておきたい女性もいることでしょう。

 

彼氏いない歴、というのも、女性はかなり気にします。
彼氏の有無を聞いたあと、回答が「いない」だった場合は「前の彼氏とはいつ別れたの?」という風に話を繋げることも多いと思います。
しかし、彼氏いない歴が長いほど、この質問には答えにくくなってしまうもの。
そこで元カレと復縁して、彼氏いない歴をリセットしようという考えになります。

 

こういう考えに対して、女性はひどいと思うかもしれません。
ですが、誰でもいいからとにかく彼氏が欲しい!と思っているわけではなく、一度は惹かれあった元カレが良いのです。

 

 

女性、と一言に言っても、もちろん考え方は人それぞれです。
上のようなことがあまり当てはまらないという人もいるかもしれません。
しかし、「素直じゃない」ということに関しては、大抵の女性に共通です。
乙女心を理解するのは難しいと思いますが、出来る範囲で読み取っていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事